読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちごのブツブツ(種)

f:id:kishidonguri:20170224202317j:plain

こんばんは

今日の夕食後デザートのいちごです。

いちごの表面にあるつぶつぶって種ですよね。

小さいころからそう聞いてきました。

そういえば、少し前にいちごの種のことが書いてある本を読んだような気が・・・

探したらありました。「植物はすごい」(著者:田中修)です。

最後の章でイチゴについてくわしく書いてあります。

いちごの表面のツブツブは種自体ではなくて、果実だそうです。ツブツブの部分はめしべの基部にできるからです。

赤いふくらんだ部分は、花托とか花床と呼ばれる部分がふくらんだものだそうです。種は果実ですから当然中に種があって、この果実は

痩果というそうです。つまり痩せた果実で、果肉がない種、っていうことになります。

また、おもしろいことですが、成長途中のイチゴの実から種の部分を半分取ってしまうと、種がなくなったぶぶんは太らなくなるそうです。

普段何気なく食べているいちごにこんな性質があったんです。

よく考えると不思議なことですね。